「グリークラブの車いす体験記」 Wheels

妊娠したクインはスーにチア部をクビにされ落ち込んでいた。
そして心配して声をかけるフィンに、持って行きどころのない怒りをぶつけていた。
妊婦検診の請求書が次々と送られてくるのに、フィンのバイトは決まらず精神的にも追い込まれているのだ。
「男気のある所を見せて!子供の父親に選んだ事は間違いじゃなかったって証明してよ!!」
そんなクインに、仕事は必ずみつけるとフィンは約束するのだった。

地区大会を前に、gleeクラブは別の問題にぶち当たっていた。
車椅子のアーティーを乗せて地区大会に向かうバスは、料金が高いという理由で校長は予算を出さないとウィルに告げる。
そして地区大会では審査員受けするスタンダードなミュージカル曲を披露しようと「Defying Gravity」の楽譜が配られた。

カートとメルセデスが歌いたいと意欲を見せるが、アレンジする時間がないと、ウィルはレイチェルにリードを任せると告げる。
その上、車いす用のバスをチャーターする資金を集めようと、自分達でカップケーキを作り売ったお金で資金を調達しようと提案するが、部員たちは全く乗り気でないばかりか、アーティはアーティのパパの車で行けばいいと言いだす始末・・

d0372551_00493145.jpg

そこで、ウィルは部員たち全員に1日3時間の車いすでの生活を命じるのだった。


スーは、校長からクインがチアから抜けた穴を埋めるためにオーディションを行い、新しい部員を見つけるよう言われる。

そのオーディションでベッキーと出逢い、彼女だけを合格させるのだった。

地区大会用の候補曲「Defying Gravity」はカートの大好きな曲だったが、リードボーカルはレイチェルに。落ち込むカートを見かねて父親のバートは、”ゲイだからと言って差別をするな”と学校に押しかけ抗議をしたのだ。その甲斐あって、リードボーカルはカートとレイチェル2人によるオーディションで決める事となる。

しかしオーディションの前日、バートの所へ「お前の息子はゲイだ」という嫌がらせ電話が入る。動揺したバートを目の当たりにし、ショックを受けたカートはわざと音をはずして負けるのだった。


d0372551_00492499.jpg
d0372551_00492112.jpg
d0372551_00491812.jpg

納得できないバートに、カートは告げる。「スターになるより、パパの方が大事なんだ。」


パックが仕組んだ(実はドラッグ入り)カップケーキは大人気。とうとう車いす用バスをレンタル出来る1200$を稼ぎ出したのだ。
しかしアーティはバスをレンタルするより、講堂にスロープをつけたいと言う。車椅子は自分だけじゃない、これからも自分の後に続く車椅子の生徒達のためにもスロープをつけたいと。

ところが校長室でウィルは、スー先生がスロープ3つ分の金額の小切手を寄付をしてたと、校長から聞かされる。

スーが何かを企んでいるに違いないと、ウィルはうろたえるのだが・・・
実はスー先生には障害のある姉がいたのだ。姉を尊敬しこよなく愛するスー先生は、時間を見つけては姉のいる施設へ出かけているのだった。


アーティと気持ちを通わせ始めたティナは、実は吃音のふりをしていただけだと打ち明ける。

しかし、人を遠ざけるために障害のふりをする事を理解できないアーティは、去ってしまう。

ラストは、ND全員での車いすでのパフォーマンスだ。

d0372551_00492770.jpg
★★★続く★★★


[PR]
# by makochrisglee | 2018-07-31 00:55 | glee season 1

ep 8 迫られた究極の選択

「迫られた究極の選択」 MASH-UP

クインの妊娠が学校中に広まった事によって、フィンとクインは毎日ジュースをかけられるようになってしまった。
ベストカップルの地位を失う事に、クインは焦りまくっていた。

d0372551_09034019.jpg
ハワイで結婚式を挙げる事にしたエマとケンは、結婚式当日くらいは一緒に過ごそうと決めて、一緒にダンスをする事にした。
2人が選んだ曲をマッシュアップし、ダンスも教えてほしいと頼まれたウィルは
「ボクからのお祝いだ」と快く引き受ける。
そしてレッスンの日、従妹のウエディングドレスを着て現れたエマ。
一瞬息を飲むウィルだったが、気を取り直しリハーサルを始めてみる。
ウィルの激しいダンスにうっとりするエマ、おまけにドレスの長い裾を踏んでしまい絡まり合いながら倒れこむ2人をケンが苦々しい思いをしながら見ていたのだ。

d0372551_10475449.jpg
そして怒ったケンは、gleeの練習日にワザとアメフトの練習を入れ、
アメフト部との掛け持ちをしているNDの男子部員たちに、
どちらかを選択するように迫るのだった。

ユダヤの感謝祭の日、レイチェルの夢を見たパックは、「これは神の掲示だ」と思い込み、
レイチェルに近づく。

d0372551_09033511.jpg
一時はいい雰囲気になる2人だが、アメフト部から裏切り者呼ばわりされジュースをかけられたパックは、あまりの屈辱に、やはりアメフト部を選ぶだろうとレイチェルに伝えるのだった。


一方、ローカルニュースのキャスターロッドからデートに誘われたスーは、すぐさま恋に落ちてしまった。
そしてロッドからダンス大会に出ようと誘われ、ウィルにダンスを教えてもらい、ウィルともすっかり和解するのだった。

一時はすっかり丸くなったスーだが、ロッドが言い寄って来たのはただの遊びだったと知り、
あっという間に元のスーに戻ってしまう。

gleeかアメフト部か・・・
決着をつける15時半が迫る。かたずをのんで時計を見つめるNDのメンバー達の元に
マイク、マット、そしてパックが姿を現した。フィン以外の男子部員はgleeを選んだのだ。
ただひとりアメフトを選んだフィンは、カートにジュースをかけるようアメフトの仲間からけしかけられていた。
「これをしないと、自分がボコボコにされるんだ」と話すフィンの手からジュースを奪ったカートは自らジュースをかぶり「アメフト部の仲間がここまでしてくれる?」とフィンに問いかけるのだった。

d0372551_09034443.jpg
アメフト部の練習中、フィンの所にやって来たウィルは
「人生は選択の連続だ。その選択の積み重ねで自分が作られていくんだぞ。
決して人に選択を委ねたらだめだ、gleeこそ君の居場所だ。」と伝えるのだ。
意を決してタナカコーチの所へ行ったフィンは
「アメフト部かgleeかじゃない、両方やりたいんです。
どっちかに決めるなんて、そっちの方がダサい」と話す。
それを聞いたタナカコーチは、gleeの練習日にアメフト部の練習をぶつけるのは
中止するとフィンに告げるのだった。

結局、アメフト部とかけもちしている男子達は、全員NDに復帰だ。
笑顔があふれる中、スー先生からチア部をクビにされたクインだけは暗い顔だ。
「これから毎日ジュースを浴びるなんて・・心が折れるわ」
そんなクインにウィルは「他の11人が、綺麗に拭いてくれるよ」と諭すのだった。

★★★続く★★★


[PR]
# by makochrisglee | 2017-12-24 09:12 | glee season 1

「全面対決ウィルVSスー」Throwdown

ND(ニューディレクション)の副顧問になったスー先生とウィルは、事あるごとにぶつかってばかり。その上、スー先生の発案でNDを2つのグループに分けて練習する事になってしまう。

d0372551_22190188.jpg
チアとアメフトのメジャーなメンバーを選ぶと思いきや、マイノリティーに優しいと主張するスー先生が選んだのは、サンタナ、アーティー、カート、マイク、ティナ、メルセデス、マットの7人だった。


gleeクラブの活動を妨害し続けるスー先生に対抗するため、ウィルはスペイン語の試験でチアのメンバーをほとんど落第させ、チアは実質上、部活練習が不可能となってしまった。

一方、初めての我が子を身ごもるテリのサポートをしたいのに、ウィルはお腹にも触らせてもらえない。テリは何でも姉のケンドラと決めてしまい、ウィルは蚊帳の外だ。業を煮やしたウィルは、妊婦健診にどうしても付き合うと言い張り、検診の予約まで入れてしまう。
困って姉のケンドラに相談したテリは、産婦人科の医師を脅してクインの超音波映像を使い、なんとかその場をしのぐのだった。
そうとは知らず超音波映像を見て感動し、涙を流すウィル。そんな彼にテリは「何があっても、この日の感動を忘れないでね」と念をおしていた。


ケンカの絶えないウィルとスーに、とうとう怒りを爆発させたNDのメンバー。やっとスーは副顧問の座を降りる事になった。

d0372551_22191196.jpg
d0372551_22190758.jpg
しかし、結局の所、マイノリティーの立場である事は変わらないのだ。レイチェルは、クインの妊娠をかぎつけたジェイコブが記事を書くのを阻止していたが、結局スーの知る所となってしまう。

落ち込むクインに寄り添い「Keep Holding On」を歌うNDのメンバー達

★★★続く★★★


[PR]
# by makochrisglee | 2017-07-12 22:24 | glee season 1

「効果バツグン!ビタミンD」 Vitamin D


地区大会の対戦相手が決まったとたん、相手を軽く見て練習にすっかり身の入らなくなったNDのメンバー。ほとほと困ったウィルは、エマ先生に相談し、メンバーのやる気を出させようと男女対抗マッシュアップ対決を企画する。そしてエマ先生に特別審査員として参加してほしいと依頼する。
一方スー先生は、ウィルの妻、テリに ”ダンナが浮気している”と焚き付け、テリは保健室の先生としてマッキンリー高校に乗り込んで来たのだ。


gleeとアメフトの掛け持ちに、クインの妊娠。もう目一杯でヘトヘトのフィンは、仮眠を取らせてもらおうと保健室に行った。そこで、にわか保険医のテリからビタミン剤だと言われて(風薬??)を渡される。
テリから渡されたクスリを飲んですっかりハイになってやる気を爆発させるフィンは、何としてもマッシュアップ大会で女子チームに勝とうと、男子チーム全員にビタミン剤を飲ませてパフォーマンスを披露。男子全員ハイになって臨み、大成功させる。

d0372551_23303514.jpg

男子チームのあまりの素晴らしさに焦る女子チーム。しかしカートが真相を告白したことから、女子も同じく保健室のテリからビタミン剤をもらいハイになって応戦。やはり素晴らしいパフォーマンスを見せるのだった。

d0372551_23303047.jpg
結局クスリ使用が学校側にバレて、テリはクビ。そしてウィル1人に顧問を任せるわけにはいかないと、校長命令でスー先生が副顧問としてNDの指導にあたる事になってしまう。

さて、自分がウィルによりそう未来はないのだと気持ちにけじめをつけたいエマ先生は、ケン・タナカ先生のプロポーズを受けてしまいますが・・・

★★★続く★★★


[PR]
# by makochrisglee | 2017-07-11 23:32 | glee season 1

ep 5 新旧アイドル対決

「新旧アイドル対決」 Rhodes Not Taken


待ちに待ったgleeの講演会が近づいてきたが、レイチェルのかわりにリードを務めるクインはつわりがひどくて、思うようにパフォーマンスできない。NDのメンバーも、レイチェル抜きではとうてい勝てないと言い出す始末だ。


そんな時、ウィルはテリと食事に出かけたレストランで、かつてマッキンリー高校で教えた生徒に会う。彼はもう24歳になるというのに、今はカーメル高校に在籍。なんとgleeに残すため留年させられ続けているというのだ。それを聞いてウィルはひらめいた。

15年も前の名簿をエマに頼んで手に入れ、かつてのgleeクラブの歌姫エイプリルが卒業していない事を確認する。
エイプリルを訪ねたウィルは、酒浸りになってブロードウェイへの夢をすっかり忘れた彼女に唖然とするが、なんとか力になりたいと頑張って高校を卒業しようと提案する。そして酒とは縁を切り、gleeクラブで再び歌ってほしいと説得するのだった。

NDのメンバーの前で披露したエイプリルの歌は、レイチェルに負けずとも劣らない素晴らしいパフォーマンスだった。

d0372551_21422116.jpg
おまけにエイプリルは、持ち前の茶目っ気とイタズラ心満載のサービスで、あっという間にメンバーの心をつかんでしまう。

クインの妊娠に悩むフィンを心配し、ウィルはエマにフィンのカウンセリングを頼んだ。エマはフィンに、音楽で奨学金を目指してはどうかと勧め、それには、レイチェルにNDにもどってほしいと頼むのがいいのではないかと、それとなく仕向けるのだった。

ミュージカルの主役をつかんでやる気満々のレイチェルだったが、サンディー先生の度重なるダメだしに、ほとほと疲れ切っていた。
そこでフィンはレイチェルに声をかけ、いつでも力になると思わせぶりな態度をとる。さらにボーリングに誘い、彼女の恋心につけこんで、とうとうgleeへ復帰すると言わせたのだ。

d0372551_21420989.jpg
いさんでgleeクラブにもどったレイチェルだったが、クインが妊娠していて、父親がフィンだという事を知らされ激高する。そして二度とgleeには戻らないとフィンに告げ、去ってしまったのだった。


なんとしても地区大会で勝たないと後がないgleeクラブ。すっかりエイプリルに頼り、彼女を優遇するウィルにエマは「生徒からチャンスを奪ってはいけない」と説得し、エイプリルが生徒たちに悪影響を及ぼしている事を話すが、ウィルはなかなか聞く耳をもってくれなかった。


そんな中、gleeクラブの講演会の日がやってきた。満員の観客で会場はうまっている。ウィルは張り切るが、断酒するという約束をすっかり忘れてハイになってるエイプリルの姿にやっとエマが訴えてきた事がわかりかけてきていた。


第一幕は大盛況だったが、約束を守らなかったエイプリルに「もうステージにはあげない」とウィルは宣言した。そしてエイプリルも、自分が場違いな所にいると感じた事、スポットライトは生徒たちが浴びるべきだとウィルに話す。まずまともになって、新しい夢を探すと去っていくのだった。


大盛り上がりのステージに興奮する生徒達に、ウィルはエイプリルが去った事、第二幕は中止せざるを得ない事を説明していた。そこへレイチェルが現れ、エイプリルの代役を買って出たのだ。
「スターでいるより、みんなの友達でいたい」そう思い、レイチェルはNDに戻って来た。

d0372551_21421409.jpg

ステージの上のNDは、間違いなく今までになく、最高に輝いていた

★★★続く★★★


[PR]
# by makochrisglee | 2017-07-10 21:45 | glee season 1

ep 4 カートの告白

「カートの告白」Preggers

ハメル家のベースメント、カートの部屋で
ビヨンセの「Single lady」のパフォーマンスに興じるカート、ブリトニーそしてティナ。

d0372551_20573227.jpg
d0372551_20563190.jpg

そこへ突然カートの父、バートが帰宅し部屋へ入ってきた。

自分のセクシュアリティについて、本当の事をまだ打ち明けられないカートは
ついパフォーマンスはアメフトの練習の一環だと話し、それに合わせてブリトニーやティナも、カートがアメフト部のキッカーだと口から出まかせを言ってしまう。
学生時代にアメフト部だったバートから、試合には呼んでくれと言われたカートは途方に暮れる。そこでフィンの協力を得て、入部テストにこぎつけるのだった。

d0372551_20572602.jpg

キッカーのオーディションには、音楽をかけて臨み見事にキックを成功させたカートは
ケン・タナカコーチにキッカーとして入部を認められるのだった。
d0372551_20562653.jpg
想像妊娠だった事をまだウィルに言いだせないテリは、とうとう自分の姉ケンドラに打ち明ける。そしてケンドラは「もうウィルに打ち明けるしかない」と取り乱すテリをなだめ、どこからか赤ちゃんを見つけてくれば大丈夫と、テリに嘘をつき続けるよう言うのだった。


スーはTVのローカルニュースでコーナーを持つ事になり、ますます周りを威圧していく。
そして、一旦クビになったサンディを芸術監督として引っ張り出してきた。
そんな時、グリークラブでは「ウエストサイドストーリー」の楽譜がメンバーに配られたが、キーはアルト、ソロはティナだとウィルはみんなに告げる。
「マリアの役は自分しかいない」と憤慨したレイチェルは、音楽室を飛び出してしまう。
そしてサンディが指導するミュージカル「シカゴ」のオーディションを受ける。これは、グリーを潰そうとするスーの作戦で、まんまとレイチェルを引き抜くのだった。

クインから、「妊娠した」と告げられ唖然とするフィン。とても親には相談できず、ウィルに相談を持ち掛けるのだった。クインは産む気でいる。しかし生活に追われ、夢も希望もない毎日を送りたくないとフィンは話す。
そして夢を叶えるために大学に行きたい。そのためにはアメフトで奨学金を得る必要がある。何としても試合に勝たねば・・そう痛感したフィンは、ダンスの練習でリラックス出来た事を思い出す。今、アメフト部で1番必要なのはリラックスして試合に臨むこと、
そのためにウィルにダンスのコーチを頼むのだった。

ダンスを教えて試合に勝てばウィルの信頼度も増し、gleeの部員も増えるかもしれない、そうフィンは提案するのだった。

d0372551_20571962.jpg

さすがのケン・タナカコーチも弱体アメフト部の失態ぶりに、もう失う物はない、やるしかないだろうとダンスレッスンを取り入れる事を決める。

いよいよアメフト部の試合が始まった。
ダンスの練習は積んだが、本番の試合中にそれも人前では踊れないと誰もがしり込みしていた。
しかし押される一方の試合に、なんとか一矢報いたいと突然のダンスパフォーマンスを始め、同点に追いつく。

d0372551_20574644.jpg
そしてカートのキックが決まり、盛り上がりは最高潮に達する。


その日の夜、バートは「お前が誇らしい。ママが生きていたら見せたかったよ」とカートに告げた。そして、やっとカートは自分がゲイだと正直に打ち明ける事ができたのだった。

d0372551_20573801.jpg
バートはなおも続ける。
「素直には喜べないが、お前はお前だ。俺の息子に変わりないし、俺の愛情も変わらない」と。

勝利で終わった試合の効果はまだ続く。
なんと新メンバーが3人加わる事になったのだ。アメフト部のパック、マイク、そしてマット。
いっそう活気づくNDだが、クインだけ違っていた。
「お腹の子はフィンの子だ」と言っているが、実はパックの子なのだ・・・

★★★続く★★★


[PR]
# by makochrisglee | 2017-07-10 21:06 | glee season 1

「彼らの名はアカフェラス」 Acafellas

テリの妊娠が嘘であることを知らないウィルは、
立派な親になる自信がなくて不安に思っていた。
そんな時、レイチェルからgleeクラブでの振付を酷評され、すっかり落ち込んでしまう。
その上レイチェルは、ライバルのヴォーカルアドレナリンの振付師でもある、
ダコタ・スタンリーを雇う事を提案するのだった。
 
そんなウィルはひょんな事から、同僚のケンとアンリ、そしてテリの部下のハワードと、
アカペラグループ「アカフェラス」を結成し、のめりこんでいくのだった。
地元の小さなステージでパフォーマンスするアカフェラスは喝采を浴び、
ウィルは自信を取り戻していく。

そしてアカフェラスの活動に夢中になるにつれ、ウィルはgleeクラブに顔を出す事が少なくなっていくのだった。
スー先生の思惑通り、gleeクラブは少しずつバラバラになり始めていた。

アカフェラスはPTAの会議で歌を披露することになったが、アンリとハワードが脱退してしまう。その代わりにウィルは、gleeクラブに嫌気がさし、退部すると言いだしたフィンと、アメフト部のパックを加入させる事を思いつく。
そこへ元マッキンリーのgleeクラブ顧問のサンディが無理やり参加してきたのだ。
サンディは歌手のジョシュ・グローバンとメル友で、ショーに招待したと言うのだ。
有名人が見に来るとあって、ウィルたちは自分達の歌手デビューという淡い期待を抱く。

d0372551_22353870.jpg
d0372551_23232525.jpg



ショーは大成功だったが、アカフェラスの期待はもろくも崩れ去った。
メル友というのはサンディの一方的な思い込みで、ショーに訪れたジョシュは、サンディからのストーカーまがいの変態メールをやめさせる為に、来たのだった・・・
夢がもろくも崩れ去ったウィルに、
ライブの応援にきてたウィルの父親はこう声をかけた。
「教師として生徒達にも、そして自分にもいい影響を与えている。
夢を追うのに年は関係ないとお前から学んだよ。
だから自分の夢をかなえるために、ロースクールへ申し込んだよ。」と。
やはり自分は教師だ、それで十分・・ウィルは、心の底から強くそう感じていた。

スー先生の入れ知恵から、クインとサンタナはメルセデスをそそのかし、カートにアタックするよう仕向けていた。一方レイチェルたちは「カートはゲイだからやめた方がいい」と忠告するが、本気になってしまったメルセデスは聞く耳を持たない。

ダコタ・スタンリーを雇うため、カーメル高校を訪れたNDは、ダコタから「振付して欲しければ8000ドルを用意しろ」と言われてしまい、途方にくれるのだった。
そんな時、スー先生がチアリーダー達と共にgleeクラブの資金集めに協力を申し出て
”gleeクラブ寄付金イベント”が開催された。
その洗車イベントの最中、カートも自分に好意を持っていると勘違いしたメルセデスは
「付き合っていることを公表しよう」と言い出す。

d0372551_23233217.jpg


困ったカートは咄嗟に「レイチェルが好きだ」と嘘をついてしまった。

なんとか資金を工面しダコタを雇ったgleeクラブだが、ダコタは遠慮なしだった。
車椅子のアーティは歩く努力が足りないとクビを宣告し、メルセデスをふとっちょ呼ばわり、レイチェルに鼻の整形を命じるなど見た目で人を判断してやりたい放題だった。 

自分達の個性でつかむ勝利にこそ価値があると気づいたレイチェルは、
ダコタに「あなたは必要ないわ、クビよ」と言い放ち自分達の才能で勝負する事を決心する。

一方、メルセデスを傷つけてしまったカートは「僕はゲイだ」とカミングアウトする。

d0372551_23233632.jpg


「自分を隠すことない。gleeでは自分の中身をすべてさらけ出す事が大事だよ」と
メルセデスは話すが、カートは、まだ自分をさらけ出す自信を持てずにいた。

ウィルが戻ってきたgleeクラブは、スーの思惑とは逆にさらに結束を深めていく
★★★続く★★★


[PR]
# by makochrisglee | 2017-07-09 23:32 | glee season 1

ひょんな事からgleeにはまり、人生までもが変わりました。gleeのエピソードと、私とgleeのあれこれを綴ります


by Mako