ep 5 新旧アイドル対決

「新旧アイドル対決」 Rhodes Not Taken


待ちに待ったgleeの講演会が近づいてきたが、レイチェルのかわりにリードを務めるクインはつわりがひどくて、思うようにパフォーマンスできない。NDのメンバーも、レイチェル抜きではとうてい勝てないと言い出す始末だ。


そんな時、ウィルはテリと食事に出かけたレストランで、かつてマッキンリー高校で教えた生徒に会う。彼はもう24歳になるというのに、今はカーメル高校に在籍。なんとgleeに残すため留年させられ続けているというのだ。それを聞いてウィルはひらめいた。

15年も前の名簿をエマに頼んで手に入れ、かつてのgleeクラブの歌姫エイプリルが卒業していない事を確認する。
エイプリルを訪ねたウィルは、酒浸りになってブロードウェイへの夢をすっかり忘れた彼女に唖然とするが、なんとか力になりたいと頑張って高校を卒業しようと提案する。そして酒とは縁を切り、gleeクラブで再び歌ってほしいと説得するのだった。

NDのメンバーの前で披露したエイプリルの歌は、レイチェルに負けずとも劣らない素晴らしいパフォーマンスだった。

d0372551_21422116.jpg
おまけにエイプリルは、持ち前の茶目っ気とイタズラ心満載のサービスで、あっという間にメンバーの心をつかんでしまう。

クインの妊娠に悩むフィンを心配し、ウィルはエマにフィンのカウンセリングを頼んだ。エマはフィンに、音楽で奨学金を目指してはどうかと勧め、それには、レイチェルにNDにもどってほしいと頼むのがいいのではないかと、それとなく仕向けるのだった。

ミュージカルの主役をつかんでやる気満々のレイチェルだったが、サンディー先生の度重なるダメだしに、ほとほと疲れ切っていた。
そこでフィンはレイチェルに声をかけ、いつでも力になると思わせぶりな態度をとる。さらにボーリングに誘い、彼女の恋心につけこんで、とうとうgleeへ復帰すると言わせたのだ。

d0372551_21420989.jpg
いさんでgleeクラブにもどったレイチェルだったが、クインが妊娠していて、父親がフィンだという事を知らされ激高する。そして二度とgleeには戻らないとフィンに告げ、去ってしまったのだった。


なんとしても地区大会で勝たないと後がないgleeクラブ。すっかりエイプリルに頼り、彼女を優遇するウィルにエマは「生徒からチャンスを奪ってはいけない」と説得し、エイプリルが生徒たちに悪影響を及ぼしている事を話すが、ウィルはなかなか聞く耳をもってくれなかった。


そんな中、gleeクラブの講演会の日がやってきた。満員の観客で会場はうまっている。ウィルは張り切るが、断酒するという約束をすっかり忘れてハイになってるエイプリルの姿にやっとエマが訴えてきた事がわかりかけてきていた。


第一幕は大盛況だったが、約束を守らなかったエイプリルに「もうステージにはあげない」とウィルは宣言した。そしてエイプリルも、自分が場違いな所にいると感じた事、スポットライトは生徒たちが浴びるべきだとウィルに話す。まずまともになって、新しい夢を探すと去っていくのだった。


大盛り上がりのステージに興奮する生徒達に、ウィルはエイプリルが去った事、第二幕は中止せざるを得ない事を説明していた。そこへレイチェルが現れ、エイプリルの代役を買って出たのだ。
「スターでいるより、みんなの友達でいたい」そう思い、レイチェルはNDに戻って来た。

d0372551_21421409.jpg

ステージの上のNDは、間違いなく今までになく、最高に輝いていた

★★★続く★★★


[PR]
by makochrisglee | 2017-07-10 21:45 | glee season 1

ひょんな事からgleeにはまり、人生までもが変わりました。gleeのエピソードと、私とgleeのあれこれを綴ります


by Mako